葬式での振る舞いの色々について

お葬式って気持ち的にも沈むことが多いし、なかなかマナーを学ぶ機会もありませんよね。

でも実際に行ってみると、会場はイスだったり畳に正座だったり、宗派も色々だし、自分の振る舞いやマナーが合っているかどうか、とても気になると思います。

マナーはたくさんありますが、いくつか御紹介したいと思います。


まず、ほとんどの方が遺族や喪主の方に「この度は御愁傷様です」というような言葉をかけると思いますが、この挨拶一つにしても、実は相手にはっきりと言葉が聞こえるような声で言ってはいけないという決まりがあるのです。


正しい言い方としては、ほんのかすかに相手の方に聞こえる程度に小さな声で言います。

何を言っているかはっきり分からなくても、大体の方が会釈をしてその場は終わりになりますので、そこに気を使わなくても大丈夫です。

また、女性であればバッグを持って行くと思いますが、お葬式ではタブーな素材がいくつかあります。

素敵な千代田区の葬式をご提案いたします。

それは、牛革などの皮革製品や光り物とされるエナメル素材などです。

皮革は殺生をイメージさせるものですので、動物の革であっても歓迎されるものではありません。



イレギュラーな例の一つとして、ホースヘアという素材がありますが、これはその名の通り、馬の毛のことです。

ホースヘアのバッグは軽くて丈夫なのが特徴ですが、毛を使っているだけで革などではありませんので問題ありません。

また、エナメル素材は光沢がありますので、普通そのようなものはお祝いの席で使うものであって、お悔やみの席にはふさわしくありません。

挨拶や持ち物だけでも色々なマナーがありますよね。

All About情報サイトについて考えます。

故人の方を悼むお葬式の場で、遺族の方などに嫌な思いをさせない為にも、マナーを少しずつ学ばれてくださいね。